高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行ってきます
2006年10月04日 (水) | 編集 |
たかが2泊3日の東京行きですが、日頃のストレス解消のため
気合い入ってます。のんびりしてこよう・・・雨だけど。
また雨か~~~。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
はじめまして
以前よりこちらを拝見させていただいています。
高村薫ファンです。
先月は待望の「照柿」文庫良かったですよね。
合田雄一郎v-238好きv-238

東京はまた、地どりですか?
私は関東在住なので、関東が舞台の高村作品でしたら、だいたいの景色は浮かびます。

「太陽を曳く馬」の新宿高層ビル・・・
今度行ったらその気になろう!と思ってます。
ではまた。
2006/10/05(木) 10:19:42 | URL | パステル #aIiSatME[ 編集]
書き込み有り難うございます!
基本的に今回の東京も地どりなんですが、高村作品ではなくて
福井作品でした。ということで再び市ヶ谷界隈・・・。
是非また、「太陽を曳く馬」の地どりをしたいなと思っています。
連載中の合田雄一郎の心境を思いながら、同じ景色を見て
(作品では数年前の景色になりますが)、あれこれ考えたいなと。
最近は読む度に加納祐介の心境を思い、つらくなりますが。
2006/10/08(日) 01:33:15 | URL | みなわ #eWQc6sqc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。