高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


観艦式一般公開
2006年10月28日 (土) | 編集 |
さて今日は、昨日とは打ってかわって、暑いほどに陽光が降り注ぐ晴天!
(翌日の観艦式本番も雨模様だったから、本当に皮肉な話です)
午前中は、ホテルから近い新港埠頭へ再び出かけました。
観艦式一般公開28日・「あぶくま」&「さわぎり」

艦番号229「あぶくま」と艦番号157「さわぎり」。
飾りに使われている旗は、使い古されて年季が入ってます。
小学校の運動会を思い出しました。
入口で数人の方に「昨日もいたよね」と声を掛けられ、は、恥ずかしかった・・・。
すみません・・・。皆さん毎日早朝からお仕事で大変なのに・・・。

午後は、道に迷いつつ、横須賀の吉倉埠頭へ。
観艦式一般公開28日・横須賀吉倉埠頭

す ご い ・・・・・!圧巻です!
観艦式一般公開28日・横須賀吉倉桟橋案内図

壮観な眺めに立ちくらみが。
まずはイージス艦「ちょうかい」を見学したのですが、人が多くて
写真を撮っていませんでした。とにかく大きい、広い。
2年前に「みょうこう」を見学した時に見た広い通路、あれは
イージス艦特有のものだったんだなぁと、しみじみ感じました。
「あぶくま」は、先任海曹(CPO)の寝室だって、二段ベッドだったし
6人か8人くらいの大部屋だったけれど、ここには 「先任伍長室」 がある。
艦長室が艦長だけの居室であるように、「先任伍長室」は先任伍長だけなんですよね?
それだけでもう特別なんだーという気がしました。
あのお優しい先任伍長さんも、退官前に是非こんな立派な部屋に・・・!!!

甲板で、わたしの携帯ストラップを目ざとく見つけたお兄さんに
「あ、亡国のイージスの」と指摘されました。よくお分かりで・・・。

観艦式本番では、「ちょうかい」は芸能人がたくさん乗るんだよ、と聞きました。
乗艦する人数が少ない上にそれでは、そりゃ本番の乗艦券は手に入りにくいはずだよ!

さて、次は旗艦「たちかぜ」へ。
観艦式一般公開28日・「たちかぜ」乗艦口

この乗艦口にはロープで通行止めがしてあり、実際には別の場所から入りました。
いかにも旗艦らしい威厳を感じさせる“護衛艦隊” の文字ですね。
観艦式一般公開28日・「たちかぜ」司令官公室

↑「たちかぜ」司令室公室。マーク3つは “海将” の印。
一人しかいない海上幕僚長の次の階級が、海将です。
さすが旗艦、海将を始め幕僚の一佐二佐クラスがぞろぞろ乗艦しているのです。
こんな上の多い艦、何かと気詰まりではないのでしょうか。

艦長室の前には、歴代艦長の名前がずらずら列記された板がありました。
こんなの今までの艦ではなかったなぁと思うと、この「たちかぜ」、
来年1月で現役引退なのだそうです。
そう聞くとカメラマン魂を刺激されてしまい、あちこちデジカメで撮影。
観艦式一般公開28日・「たちかぜ」ターター1

観艦式一般公開28日・「たちかぜ」ターター2

「たちかぜ」と言えばターター。↑。そうです「いそかぜ」と同じ型ですから。
観艦式一般公開28日・「たちかぜ」艦橋にて放送用原稿

艦橋には、放送用原稿↑が。訓練海域に辿り着くまで、観光船のような案内まで
放送されるのですが、ちゃんと台本があったんですねー。
これと一緒に、司令部から昨日の予行のダメ出しレポートが置いてありました。
かなり細かい点まで指摘されていましたが、一体どこから誰が見ているのだろう・・・。
観艦式一般公開28日・「たちかぜ」缶飯ディスプレイ

「たちかぜ」は見学者に至れり尽くせり。これ↑は缶飯のディスプレイ。
隣には乾パンが置いてあり、自由に試食できるようになっていました。
観艦式一般公開28日・「たちかぜ」貼り紙2

どこの艦でもアイスクリームは人気商品のようですが、
この目立ちっぷりは、『亡国のイージス』ファンへのサービスでしょうか。
ここまでいくと、作者冥利に尽きるのではないかと。
福井さん、正式に招待されているんだろうなぁ。
観艦式一般公開28日・「たちかぜ」貼り紙1

↑こういうのにまで艦名を入れないと気が済まない、クルーの愛艦魂を見てください。
観艦式一般公開28日・「たちかぜ」アイス貯蔵庫

でも、本棚にイージスはなかった(と思う)・・・。
ちなみに『レディ・ジョーカー』もありませんでした。
麻生幾さんの『宣戦布告』はありましたが。
観艦式一般公開28日・「いかづち」お掃除中

↑隣を見ると先導艦「いかづち」が明日の本番を前に、入念にお掃除中です。

時の経過を忘れて、一心に見学をしている内に、夜のとばりが降りてきました。
観艦式一般公開28日・横須賀吉倉埠頭夕方

帰りの新幹線の時間が迫ってきた為、たじ様と別れて一人とぼとぼと駅へ。
観艦式一般公開28日・数珠繋ぎになっている潜水艦たち

横須賀のこの勇壮な光景を見てしまうと、明日の本番を見ずに帰るのは、
後ろ髪を鷲掴みに引かれる思いでした・・・。残念。

2日間ご一緒して頂いた、たじ様、それから、
艦の見学や航海時にお世話になった皆様、本当に有り難うございました!
今回、知り合いの中でも、乗艦券がなかったり、休みが取れなかったり、
突発的な事故で涙をのんだ方々がいらっしゃいますが、3年後を期して!

お疲れさまでした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。