高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冬眠
2006年11月29日 (水) | 編集 |
ダメな時はダメですね。
仕事から帰ってきて、ご飯を食べて風呂に入って眠る。それだけの毎日です。
何も出来ない・・・!睡眠時間が異常です。

とりあえず、他の場所で書いた簡素なレポをupしておきます。

11月18日(土)に大阪市立中央図書館に行ってきました。
本が生まれるまで」というテーマの座談会を拝聴するためです。
出席者は作家の高村薫さん、装幀家の多田和博さん、それに
新潮社の出版部長であられる佐藤誠一郎さん。
高村さんは、2002年に出版された『晴子情歌』で
それ迄の作風を一変されたのですが、それを遡る5年以上前、
『レディ・ジョーカー』を「サンデー毎日」に連載しておられた頃から、
「次は女性を主人公にして全く違うものを書きたい」と、
装幀家の多田さんに打ち明けておられたそうです。
そのため多田さんは、次作品に備え、『レディ・ジョーカー』単行本化の際に、
表紙は白色になさったのだとか。
そうしたからこそ次作『晴子情歌』の表紙を自由に考えることができた、
という多田さんのお言葉に、場内から嘆声が上がっていました。


これ、担当者のミスで「嘆声」が「歓声」にされているんですよね。
プライドの高い男性なんで指摘していいものやら悩みます。
どうせ会社の社員の日記サイトなんて誰も見てないよ(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
いらしてたとは露知らず
みなわさん、こんばんは。
この記事読んで、ビックリしました。
ひょっとしてひょっとして、中央図書館に来てらっしゃるかな~と思っていたのですが、私、みなわさんがどこにいらっしゃるのか、わかりませんでした(泣き笑い)
あうーん、ごめんなさい! いろいろお話したいこともありましたのに。

ということで、後ほど拙ブログの該当記事をTBさせていただきます。

それから、お祝いのコメントもありがとうございました。
地どりの件、来年の夏の舞鶴は行きましょう! ○衛隊見学の手続きは、みなわさんにおまかせしますので、よろしくお願いします~♪




2006/11/29(水) 22:05:45 | URL | からな #tESRl54.[ 編集]
not subject
からなさんもいらしていたんですか?!
お仕事でダメなのかなあと思っていました。残念、お話したかったです!!!
入口を入ってすぐの席にいたんですよ~~~。
来年の夏の舞鶴、楽しみです。その前に、おふねに乗って
カレーを食べているかも知れませんが(笑)
2006/12/03(日) 08:59:17 | URL | みなわ #eWQc6sqc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
に、行って参りました。(上記のチラシは、当日貰ったもの。最初に貰ったものは、引越しの際に行方不明)12時15分に会社出て、手早く昼食をとって、地下鉄西長堀駅へ。1時10分頃に大阪市立中央図書館に到着。会場は5階。エレベーターに乗って5階を押したら、動かへん
2006/11/29(水) 22:07:52 | あるタカムラーの墓碑銘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。