高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


危機管理はしっかりと。
2006年12月26日 (火) | 編集 |
久しぶりな気がする雨。
帰宅途中、ふと家の前の側溝を見ると、溢れんばかりの状態になっているのを発見!
ニュースで見た関東の土砂降り状態と比べると、うちの周辺は穏やかな降雨だと思ったのに・・・
近所の川が氾濫し、消防車まで出動する騒ぎになっていました。
大きな地震も、高い山も、大きな川も、広い海も、何も無いうちの周囲、
自然災害には無縁だったので、緊急避難とかどうすればいいのか分からない!
どうして台風でもないのに浸水の心配をしなきゃいけないの!と思いつつ、
知り合いの自A官に、どうしたらいいんでしょうと相談すると、
「防寒・防水・食料・水をパッキングしてデイパックに詰めて避難準備をしてください」
と、親切に教えて頂いたのですが、うちにある非常用食料は、期限切れの缶飯やら
市ヶ谷で買ってきた缶パンやら、岐阜基地土産で頂いた缶ケーキ・・・・・。
うーん、日頃の備えって必要ですねぇ(当たり前です)。
それにしても、こういう大雨の時など、海上自A官は自分のおふねに行っちゃうから
家族にとっては心細いですよね。おふね命だもんね。それを思うと陸は心強いかも。
そうこうする内に雨が小降りになり、事なきを得ました。ほっ。よかった。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。