高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祝★「新潮」2月号!
2007年01月06日 (土) | 編集 |

「太陽を曳く馬」連載第五回。

物語のメインとなる秋道が起こした事件、その初公判の模様が描かれるのですが、
じっくり読めば読むほど、身の毛のよだつ殺人事件ですよね。
横溝モノなら猟奇殺人と銘打たれてしまうだろうほどの。
ただ、身勝手な理由と思いこみで母子と男性一人を撲殺した犯人の秋道、
その秋道に対しては、憎悪も恐怖も湧いてこない。
秋道は(いや秋道も、と言うべきでしょうか。聴取を受けていた関係者達と同じく)、
自分達と言葉が通じないような、違う世界で生きているという感じがします。
そもそも秋道は悪人ではない。
わたしがイメージする「悪」というのは、例えば振り込め詐欺のように人を騙したり、
万引きだとか、失敗の誤魔化しのような「卑怯」なことだったりするのですが、
それは、同じところに立って物事を見ることが出来て初めて成立する「悪」ですよね。
お金が大事だ、とか、失敗は恥ずかしい、とか、そういう共通する価値観が
秋道には通じなくて、これで裁判が成立するんだろうかと・・・。
勿論、被害者の立場から言えば秋道は極悪非道の悪鬼ですが、
合田のように刑事としての視点から見ると、確かに放心するしかないような、
難しい事件だと思います。正直、投げ出したくなるんじゃないかなぁ。

高村さんが描く殺人犯は、それがどんなに非道い殺人を犯していても、
魅力的だったり、憎めなかったりするんですよねぇ・・・・・・・。
今流行の“ちょいワル”どころじゃなく、李歐でもあれ相当ワルですから。
『黄金を抱いて翔べ』や『レディ・ジョーカー』の犯行グループも、
相当な犯罪者です。陰で泣いてる人いっぱいいるんだよ。
『神の火』なんか原発テロですよ。

まぁ、そういう魅力的な犯罪者と秋道は、また違うんですけれども。


ところで吉岡巡査部長、いいキャラですね。

“「係長、いい傘ですねえ。何かあったんですか。光っていますよ、傘だけ」”
                       (「新潮2月号」315頁)

“「(前略)あ、でも、いい傘だというのはほんとうですよ。
  それ、いくらしました?」
 「二万円」
 「ええ? どうかしてますよ、いくら独身でも!」”(「同」316頁)


痛いよ、その “いくら独身でも!” ってツッコミは!!!(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
41才の合田
こんばんは。
いや~言われてますね合田。
天下の合田に「傘だけ光っている」とは・・・。
吉岡君、なかなかいい性格のようで。(笑)

今のところ、キャラが解る部下は彼ぐらいですが、
何だか合田、昔と違う意味で浮きまくっているような・・・。(-_-;)

そろそろ、合田視点ではなく、誰か今の合田の状態(容姿こみ)を
客観的に説明してほしいです。(笑)

41才の合田は、以前のように怜悧で倣岸で、相手を畏怖させる
深海のような瞳は、今でも健在なのでしょうか・・・。





2007/01/08(月) 01:43:50 | URL | GARU #-[ 編集]
★GARU様
吉岡君、七係時代の森義孝と気が合いそうですね(笑)
お蘭は合田に厳しい視線を向けながらも、一目置いていたと思うんですが
吉岡君はどうなんでしょう・・・。
森は、腹に一物タイプで、合田に言いたいことがあるんだけど言えない、
2人でいると濃密な沈黙が辺りを支配する・・・って雰囲気でしたが、
吉岡君は言いたいこと言っているし、どちらかというと、松岡譲を愛想悪くしたような感じでしょうか。
それにしても、森も吉岡君も、上司にお愛想の一つも言わないけれど、
そんなこと一般企業では考えられませんよね。

合田は、いくつになっても男盛りで、きっとかっこいいと思います!(惚れた弱み)。
2007/01/13(土) 01:08:41 | URL | みなわ #eWQc6sqc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
新聞広告は載っておりましたが、祝日ということもあってか、「新潮」のサイトもメールマガジンも更新されておりませんね。まあ、いいや。それではいつものように、連載第五回の雑感などを述べていきます。当然、まだ読まれてない方も、入手できていない方もいらっしゃるわけ
2007/01/09(火) 00:26:04 | あるタカムラーの墓碑銘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。