高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画★「硫黄島からの手紙」
2007年01月19日 (金) | 編集 |
硫黄島からの手紙」を見ました。(ネタバレ箇所は白色文字にしています)
同僚は、久々に泣いたと言っていましたが、それほどお涙頂戴な演出があるわけでもなく、
戦争の中で人々が翻弄される様子を冷静に描き出していて、良かったと思います。

井原剛史さんのバロン西はかっこよかった。
西郷(二宮和也さん)は、ものすごく陸兵のイメージにぴったりで、
招集される前の職業を知った時に意外な感がしました。
べらんめえ口調のパン屋って!
渡辺謙さんの栗林中将は、最後の言葉に胸が詰まりました。
ここはまだ日本か?(“もう日本か”だったかも)
アメリカとの圧倒的な戦力の違いに、早晩、硫黄島が陥落することは分かっていて、
しかし島を奪われれば給油地とされて日本の本土爆撃が苛烈になることから、
一日でも長く、硫黄島を渡さないために、日本の領土にしておくために、
戦い抜いた・・・その気持ちがよく表れていると思いました。
栗林自身が持っているアメリカ人への好感、その文明への畏怖、そして、
その上で祖国を守るという軍人の宿命も、万感迫るシーンでした。


映像化されて一番いいと思うのは、本では分からないところを補ってくれることです。
海戦はイメージがわくのですが、陸戦はよく分からなかったので、
各部隊が戦闘状態にある時の司令がどんな感じなのか、今回よく分かりました。
じっとしているんだーというのが(笑)当たり前なんですが。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「スパイダーマン3」の予告を見ました。
おお!また楽しみが目白押しです。が、ハリポタのほうは不安がいっぱい・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。