高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本★手嶋龍一・佐藤優『インテリジェンス 武器なき戦争』
2007年03月25日 (日) | 編集 |
本★手嶋龍一・佐藤優『インテリジェンス 武器なき戦争』(幻冬舎新書)2006.11.30

日本人から情報を取るには、「あれ、あなた知らないんですか?」と言うのが
一番いいそうです。日本のエリートは知らないことが恥ずかしいと思っているから、
調べてでも教えてくれるのだそうな。(21ページ)

佐藤優さんの言葉で、
“イスラエルとアラブの関係については、基本的には贔屓筋の問題だと思います。
 私の場合、命懸けの贔屓筋なんです。アラブの原理主義やパレスチナの
 極端な人たちの中から、「佐藤は日本におけるイスラエルの代弁者だ」ということで、
 「始末してしまったほうがいい」と言ってくる人たちが出てくるかもしれない。
 それはそれでかまわない。それを覚悟で贔屓しているわけです。”(168ページ)

インターネット上では簡単に批判も出来るし、相手と面と向かっていないから余計、
相手を傷つける言葉を投げつけて、良心の呵責に苛まれるということがない。
自分は安全圏にいて、言葉だけを、爆弾のように放つことが出来る。
でも、実名で顔を出して、関係者と行動を共にするには、覚悟がないとダメですよね。
それはすごいと思う。

佐藤さんが紹介しておられるロシアの諺も印象的でした。
「二つの椅子に同時に座ることはできない」(175ページ)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。