高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今治から坂出へ
2008年06月18日 (水) | 編集 |
松山から自動車で、今治の「タオル美術館」へ。
タオル美術館

↑コットンロードには、このように、綿で作られた巨大なケーキや野菜などを
 陳列してあります。
 工場見学愛好者には、実際の機械を起動させて、タオルの製造工程を
 本格的に紹介するコーナーがおすすめ。

1階はフォションのショップとカフェ、2階に四国の物産コーナー、ギャラリーには
俣野温子さんの作品や、成瀬政博さんの週刊新潮表紙の原画が飾られていたり
ちょっと不思議な取り合わせの空間ですが、のんびりゆったり過ごせました。


それから坂出へ。大好物の讃岐うどんを食べて(「ぶっかけ」が好きです。それに生卵をかけたり)、
瀬戸大橋を渡って岡山へ、そして岡山からは新幹線で新大阪へ。2泊3日の旅も終了。
瀬戸大橋

瀬戸大橋の四国側の袂には記念館があって、橋の出来るまでが詳しく解説されています。
ほんと大変ですよね、これだけ大きな橋を造るというのは・・・!
建設に携わった方々の苦労を思うと、橋がより美しく立派に見えます~。
ただ通行料が高いこともあって利用者数が伸び悩んでいるそうで、快適に走れます(笑)
しかし橋というのは、在るだけで心強いというか、人がいる景観の一部なんですよね。
日々頑張ってるよーという象徴のように存在している感じがします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。