高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


須磨寺
2008年07月03日 (木) | 編集 |
わたしが住んでいる地域にある大きな寺院は、昔から修学旅行の聖地であり、
世界遺産にもなった、いわば正統派。洗練された趣があります。
三つ星寺院と言いましょうか、観光前にハズレかアタリかと迷うような不安がない。

須磨寺は、正統派な建築様式でありながら、奇抜!で、娯楽的。
須磨寺

↑「平家物語」の、平敦盛と熊谷直実の一騎打ちシーンの再現。
近くに敦盛首洗いの池や首塚、義経の腰掛の松などがあります。
さらに遊園地のお化け屋敷のように、小さな楽しみがあちこちに仕掛けられてあり、
進んで行く時には、これ以上何があるのとドキドキさせる、密林のような場所です。


そうして明石焼きを食べる為に明石へ。
↓「本家きむらや」さんの「玉子焼」。店の前は、すごい行列でした・・・
明石焼き

これが1人前で、800円。出て来た時は、その多さに驚きましたが、
ランチとしてなら食べられます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。