高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海辺のホテル
2008年07月03日 (木) | 編集 |
ホテル好きなのに、たいていが一人の安旅でした。
が、今回は、ホテルを楽しむ!というコンセプトで、近場に宿泊しました。
JR舞子駅が最寄りになる「SETRE」です↓
SETRE

夜になると、「SETRE」の文字が光で浮かび上がります。
建物が横長なのには理由があります。この裏が海なんです!
ロビーに入ると、大きな窓があり、そこがもう一面の海!
もちろん部屋は全室オーシャンビュー。
海は、夜になると暗いだけなので退屈だったりしますが、
ここは明石海峡大橋が目前にあり、それがライトアップされる為に、
昼も夜も、窓からの景色を見飽きることがありません。

インテリアには、くつろぐことへのこだわりが感じられます。
CDプレーヤーで低く音楽が流れていて(勿論持参のCDもOK)、
色彩は、木の色と白、ベージュを基調に、透明感のある部屋です。
SETREの部屋

ベッドの枕元にある、ぜんまい状の物はスポットライトで、
夜になると部屋の電気を消して、スポットライトを天井や壁に向けます。
それが、眩しくない常夜灯になります。

↓部屋から見た、朝の明石海峡大橋。
明石海峡大橋

ホテル内にはジャグジーなどを備えたプールがあり、
ホテルから徒歩2分ほどのところに海水浴場があり、
橋の付近では、釣りをしている人が多数。
寺社の多い町に住んでいる身としては、絵に描いたようなリゾート地だなっ!と、
感激もひとしおでした。海!海!やっぱり海はいいですよね~
水のある景色が好きなんです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。