高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


姫路港での「やまゆき」体験航海
2008年08月04日 (月) | 編集 |
乗艦券を手にして、予想外に乗艦受付の時間が早いことに、愕然としました。
家からでは、始発でやっと間に合うくらい・・・早起きを避ける為に、
前日仕事が終わった19時過ぎから、電車を乗り継いで姫路までやって来て、
22時にホテルにチェックイン。さすがの私も、艦に乗る為に宿泊するのって、
和歌山と横須賀以来なんですけど・・・しかも和歌山も「やまゆき」でした。
「やまゆき」

「やまゆき」は縁のあるおふねで、2ヶ月ほど前に玉野でも見ています。
ふね好きじゃない人には、「同じふねに乗って楽しいの?」って訊かれるけれど、
おふねは、何度乗っても何度見てもいいんです!
同じツアーのコンサートに何度も行くみたいなもんです。
同じ山に何度も登るようなものです。
同じ海で何度も海水浴するでしょ?
花火だって毎年見に行くでしょ?
ディズニーランドの年間パス持ってる人いるでしょ?
ふねだって同じですっ

と、同僚に、お泊まり用の重い荷物を見つけられた言い訳をしました。
どうして誰も「デート?」って訊いてくれないんだ・・・
「またふね?」って訊くんだ・・・
合ってるけど。

↓艦橋。おふねを操縦するところです。
「やまゆき」艦橋
艦の中で一番好きなところは、迷うことなく「艦橋」です。
CICは頭脳かも知れないが、わたしは海の見える艦橋が好きだな。
(艦乗りじゃないのに偉そうですが。)
ここは、操艦に必要な道具が揃っているだけで、機密は少ない場所ですが、
他の船に衝突しないように連絡を取り合ったり、独特の緊張感を味わえます。

「やまゆき」作業中
白い制服の写真ばかりでしたが、一番好きなのは青い(幹部は紺)作業服。
お仕事してます!って感じが好きです。

さあ、わたしも頑張ってお仕事しましょう・・・
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。