高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京旅行3日目
2008年08月19日 (火) | 編集 |
今日のお目当ては、1つだけです。
「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」の庭園散歩とランチ。

椿山荘の庭園
山縣有朋が明治11年(1878年)に購入、「椿山荘」と命名。
大正7年には大阪を本拠とする藤田財閥の二代目当主藤田平太郎男爵がこれを譲り受け、
東京での別邸とした後、戦災で一部が焼失したものの、昭和23年(1948年)に藤田興業が購入、
その後は藤田観光が、このようなホテルに改装したそうです(ウィキペディアより)。

客の目配せ一つでいつでも飛んで行く構えのホテルマンの視線を避けつつ、
ホテル内をうろうろ。飾られてある壷や絵画、家具など楽しめます。
椿山荘の通路

メインダイニング「イル・テアトロ」でのランチには、2時間程かかりました。
↓ワゴンから好きなものをいくらでも、と言われて、迷いに迷って選んだデザート。
カシスソースのパンナコッタ、ピスタチオのラム酒漬けケーキ、フルーツポンチ。
連れはティラミスなど。
「イル・テアトロ」のデザート

↓デザートとは別に、ドリンクと一緒に楽しむ為のおつまみのような焼き菓子が出て来ました。
「イル・テアトロ」の焼き菓子
美味しい! のんびり食事していたら、新幹線の時間ギリギリになって大あわて。

食い倒れな東京旅行でした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。