高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高野山
2008年10月28日 (火) | 編集 |
高野山は日中の気温10度、まさに下界とは違う空気が流れています。
緑の木立の中に数本、色鮮やかな銀杏やモミジがある情景は、
晩秋の全体が染まった景色とは違う、凛とした風情がありますね。
小雨が降り、寒さも増していた時だったので、山歩きに慣れた方は、
しっかりした登山服を着ておられました。

奥の院への道には、有名な武将や家、企業のお墓がたくさん並んでいます。
高野山奥の院

信長、光秀、小田原北条氏、武田信玄・・・戦国以前は個人名で、
近世になると徳川家だったり、津山藩森家だったり、家名になってます。

ところで、好きな名字って皆さんあるものなんでしょうか。
私は、上杉・北条・北畠・毛利・徳川などの名字が大好き!
ただもう字面や音だけで好きなんです(笑)

うえすぎ、ほうじょう、きたばたけ、もうり、とくがわ・・・


なんて美しいんでしょう! こういう名字の人と結婚したかったなぁ~~~
ま、名前負けしますけどね。
でも、こういう名前は絶やさないでほしいと思うんです。
美しいから。
字画が多くなく全体にすっきりしていて、くどくない。そして音の組み合わせが絶妙。
無形文化財ですよね。

数学者が数式を美しいと思うように、「な」や「よ」という平仮名が好きな人がいるように、
特定の名字を美しいと思う人も、たくさんいるはずだ~。
上に羅列したのは、有名人のばかりですが、きっと、まだ出会えていないだけで
美しい名字が他にもあると思う!
(知人ですごくかっこいい名字の人も数人いるんですが、
 珍しい名前なので記載は控えます。)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。