高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年04月27日 (水) | 編集 |
聴講生制度を調べるために、某大学のHPを見たら、
JR福知山線の脱線事故のための、緊急対策本部が出来てました・・・・。
大学の最寄り駅、あの事故に遭った電車の終着駅ですが、
2005年3月31日にリニューアルオープンしたばかりだったんですね。
ううむ、そんな矢先に。

しかし「町家で学ぶ京都の歴史と文化」という、面白そうな公開講座を見つけました。
中でも、「後白河院と今様」が聴きたい・・・!
後白河絡みの授業なんて、昔はなかったじゃないか!大河ドラマ「義経」のおかげか~。
この講義をされる先生は、とてもすてきな人で、
藤原頼長と男色の関係にあったのは誰か」 という問題を
昔テストに出されたことがありました・・・
藤原頼長の日記『台記』は、受攻が逆になって不機嫌な様子が書かれていたり、
入内や元服の儀式、鳥羽法皇ら権力者に疎外されてゆく心情が綴られていたり、という
なかなか興味深い内容です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。