高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 SEE」
2005年04月26日 (火) | 編集 |
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 SEE

日本人よ、見ろ、これがDVDだ!(笑)←参照『亡国のイージス』

ようやく特典映像の全てに目を通しました。
映画本編よりも、メイキングのほうが泣けるかも・・・!(笑)
(いやいや本編も良かったですとも当然!)
キャストコメンタリで印象的だったのは、

「ゴラムがいなければ指輪は滅びなかった」。

ああそうだったのかー。ゴラムを生かしていたことにそんな大きな意味があったなんて。
デネソールの過食シーンで、ピピンが歌った歌が、
ビリー・ボイド自身の作詞作曲だったと知って、びっくりしました。
あれは映画館で見た時に、非常に心を打たれたシーンでした。
もの悲しいメロディと歌詞が見事で、それを歌い終わったピピンが見せる心痛。
ボロミアが背負ってきたものの重さも、サルマンのことも、この追加映像でよく分かりました。
イースター・エッグ(隠し映像)の、イライジャ(フロド)も可愛かったですね。
ドミニク・モナハン(メリー)の化けっぷりが、さすが俳優だと思いました。
あんなに上手く声音を変えられるものかなぁ。それにあの髪型いいすよね(笑)
(本編ディスク1のシーンセレクションで36にカーソルを合わせ、
 更に下に矢印キーを押すと指輪が現れますので、それを選択してください・・・まだ御覧でない方へ。)
インタビューに答える、デヴィッド・ウェンハム(ファラミア)も良かったなー。
キャストコメンタリは、バーナード・ヒル(セオデン王)が良い味を出していたと思います♪
メイキングの面白さには、このシリーズのSEE
(スペシャル・エクステンディッド・エディション)で開眼したと言ってもいい。
ファン向けに、これほどのDVDをもっと作って欲しいですね。
こっちは破産するけれども・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。