高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祝★「新潮」11月号
2006年10月07日 (土) | 編集 |
「太陽を曳く馬」2回目。

ネタバレなので、下の部分をクリックしてください。

[READ MORE...]
日経夕刊コラム「ベストセラーの裏側」
2006年09月13日 (水) | 編集 |
9月13日付け日経新聞夕刊の「ベストセラーの裏側」というコラムに
高村薫さんの文庫『照柿』(上下)が採り上げられました。

“発売前からベストセラーになることが期待される本がある。”

という書き出しには唸りました。
そうなんですよね! マークス文庫化の時に証明済みではありますが、
文庫化する時にベストセラーを運命づけられた作家なんですよね、高村さんは。

“好調な売れ行きの背景には、主人公である合田雄一郎刑事の人気もある。”

そうなんですよ・・・
合田に人生を狂わされた人間が、どれだけいるか。


“とりわけ『照柿』における合田は、おさななじみと関係を持つ女性に
 一目ぼれしてしまう。こうした合田の恋愛が描かれている点も、
 彼のファンにとっては読み応えを感じさせるようだ。”

えっ、そうなんですか---
美保子への感情は恋なんですか。
美保子が、合田の心の隙を突いたのは確かだとは思うんですが、
途中から達夫が絡んでくると、漱石の「こころ」の主人公とKみたいな、
恋愛対象(女性)不在の様相を呈してくると思うのは考え過ぎなんでしょうか。

美保子との関係で思ったことは、
合田は女にとって酷い男だと、つくづく実感しただけですね・・・
それはわたしが恋愛に疎いからかも知れませんが。

野田達夫は強いようで脆いし、主人公の幼なじみという役どころで
登場する人物としては、日野草介@『神の火』がいいなぁ。
目ん玉ふたぁつ、というところが好きです。

高村作品には、闇の中を覗きこむような陰鬱な暗さがあるのに
登場人物は変人で、魅力的なんですよね。
合田だって変だ!
マンションの公園で夜にヴァイオリン弾く刑事なんかいないよ!
皆が聞き耳を立てている時に、「達夫、好きや・・・」なんて言う
刑事なんかいないよ!(あっさり削除されましたが。)
それが、しっかりしたストーリーと、重厚な文体に彩られて、
リアリティを失わずに存在しているんですよね。

むしろ『晴子情歌』『新リア王』に登場する厭な女性達なんか
親戚とか近所に絶対いますよね。いてほしくないんだけど。
いてほしい加納祐介みたいな人がいないんだよなー。
加納祐介が1人でもいたら日本の未来は明るいと思うね(ドラえもんか)。
温暖化も進まないね(涼風が吹いてくれる)。

合田シリーズの恋愛っていったら焦点は義兄弟ではないのですか・・・。
それは避けて通るべき話題なんだろうか・・・。

タカムラーにとっても特別な日に
2006年09月11日 (月) | 編集 |
911ですね。
ということは、貴代子の命日ですよね。
(「新潮」第1回目のネタバレになる部分は白文字にしています)
亡くなって5年ということなんですね・・・。
それにしても、貴代子の最期がテロの犠牲者になることとは・・・
想像もしませんでした。
そして、貴代子に関して合田がだらだら回想している記述を読んで
ああ合田は再婚していないのだな、と思いました。


祝★合田雄一郎、完全復活!
2006年09月08日 (金) | 編集 |
「新潮」10月号 新連載、

高村薫さんの「太陽を曳く馬 を読みました。

いやあもう凄すぎて、何をどうコメントしていいのやら。
読むまでは、彰之が主人公だろうと思っていたんですよ。

合田 ですよね。

合田シリーズ最新作 なんですねこれ。

!!!!!!

新しい合田さんですよ!
合田の体重とか、加納祐介のその後とか、2人の新たなエピソードやら
新情報満載で、今はもう、胸がいっぱい・・・!

もう、仕事が忙しいとか休みが取れないなんて文句は言いません!

月刊「新潮」を楽しみに、生きていけます。

有り難うございます。
近所では入荷しない書店もあるようなので、定期購読の契約を結んだ方が
いいかなと思っています。入荷しても数冊なので、すぐなくなりそう。
皆さんもお気をつけて。

好きな県K察で終の棲家を決めるのもいい(か?)
2006年09月03日 (日) | 編集 |
Y県K察H署のHPで、架空請求(振り込め詐欺)のことで、
「被害防止のポイント」が3点挙げられています。

★ 振り込む前に 110番!
★ 振り込みは その日にするな!
★ 振り込みは 1人でするな!


1人でするよ!むりだよそれは!


Y県のHPに「刑事の仕事」として、ある窃盗事件の捜査の様子が
紹介されています。URLは↓こちら。
http://www.police.pref.yamaguchi.lg.jp/0310/sigoto/keiji_2.htm
その張り込み、バレバレでしょう! 怪しいでしょう!
黒スーツのリクルーター(@映画「亡国のイージス」)くらい怪しいでしょう!


思わずツッコミたくなってしまうのが悪い癖ですが、愛ゆえです。
全体的によく出来ているんですよねY県警のHP。
Y県に引っ越したいなぁ・・・。長州・・・。

夏の祭典
2006年08月12日 (土) | 編集 |
前日は大森駅から徒歩5分くらい、山王(城山社長宅の近く)にある
ホテルに宿泊。月美さんとはお別れしていたので、寂しく一人で過ごしました。
一人旅には慣れているけど、さっきまでものすごく楽しくイージス話とか
観艦式の予定とか話していたので、独りになるのが辛かったです。

さて、今朝は6時起きで支度をして、りんかい線に乗り、東京国際展示場へ。
初めての東京・夏の祭典。凄いですね。広い&サークル多い&人がいっぱい!
大阪と比べて、こんなに客層も違うのかと驚きました。

列整理をしていた軍服のお兄さんに目を奪われました。
あ、東京ドームでも国際展示場でも、警備のため警官はいるんですね。
地元ではお目にかかれない、K視庁のマーク・・・

午後は有楽町でYさんと待ち合わせをし、ランチをご一緒して、
近況をうかがいました。今度は是非ライブをご一緒したいものです。

雷雨のため、山手線が運休。遅延していた、すし詰め状態の京浜東北線に
なんとか乗り込んで、新幹線の時間に間に合うよう東京駅に到着しました。

わたしは次は大阪の千秋楽っすよー!楽しみ!!!

祝★文庫『照柿』上下巻発売!
2006年08月11日 (金) | 編集 |
ちょうど東京にいる間に文庫『照柿』が発売になりました。
わたしが購入したのは、山下書店の東京ドーム店です。
“後楽園ウインズ”として『レディ・ジョーカー』に登場するところで
競馬関係の書籍を多く扱っていますが、『照柿』文庫は、ひっそりと
しかし棚の中央に平積みになっていました。ゆかりの地で購入できて幸せ。
WINS後楽園

↑犯人グループ「レディ・ジョーカー」の会合場所であり、合田さんが
スーツにスニーカーという異色の出で立ちで現れて、人々の視線を奪っていた所。
後楽園ウインズ

↑合田さんも、こういう所で画面を見ていたりしたのでしょうか。

文庫の感想・・・予想通り好きなシーンが削除されてはいましたが、
補完して楽しめるデータも増えたので、単行本と文庫を合わせてどちらも
「公式テキスト」でいいと思います。単行本を否定しないでくださいね先生・・・

ナメクジとビール
2006年08月09日 (水) | 編集 |
いつかの「探偵!ナイトスクープ」で、ナメクジはビールが好きというのを
検証していたらしいですね。日本酒でもなく、ビールにだけ寄って来るらしい。
そうして、酔って溺れ死んでしまうらしいです。


『マークスの山』での合田の名台詞、
「ナメクジはビールに頭突っ込んで死ね」が思い出されます。

“「ところでビールって何だ」合田の袖を引いて吾妻がしつこく囁いた。
 「ビールを一晩置いておいたら、必ずナメクジが中で死んでる」
 「お前の生活程度がうかがえるよ、まったく」”(単行本264頁)

ナメクジとビール、ちゃんと根拠のある事だったんですね。

自分で自分を励ますしかない
2006年07月16日 (日) | 編集 |
今日は仕事で35歳のK察官を相手に話すことがあったのだけれど、
話し方がもう、いかにもサツカン!という感じだったので
吹き出しそうになるのを堪えるのが大変でした。す、すてき☆
新リア王続編の連載開始と、『照柿』文庫化目前で、テンションが
上がりっぱなしです。人生には良いこともある。がんばれ!

「SA」の謎が解けました。
2006年07月14日 (金) | 編集 |
以前、「SA」が何の略か分からなくて、途方に暮れていたことがありました。
こちらのエントリを御覧ください。
K察関連の書物で時々目にするのですが、階級か役職かと見当をつけて
和英辞書で調べてみても、載っていない。業界用語は、部外者が知るのは
難しいものだからと半ば諦めていたのですが、最近、教えて頂くことが出来ました。

「SA」はShort Answerの略だそうです。

短い回答。
なあんだそうだったのかー!
そりゃそうですよね、過去問体系のタイトルに入っているんだもの。


しかし・・・そんな略語を作る必要があるのか・・・?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。